妊婦になると頻尿に!妊婦が頻尿になる3つの原因と対策 女性 25歳 M.I.さん

頻尿とは年配の方がなる病気だと思われている方も多いと思います。

しかし、近年では私のように若い人にもなりうる病気だという事をご存知でしょうか。また、妊婦さんにとても多いというのもご存知でしょうか。

なかなか「私、頻尿なんです」とは言えずに悩んでいる人も多くいると思います。今回は、妊娠していた時の体験談も交えながら効果的な予防をご紹介したいと思います。


妊婦が頻尿になる3つの原因

妊娠初期あたりから頻尿の症状がではじめました。今まで午前中に1~2回程度だったトイレの回数が20分おきに行くようになっていました。

原因としては妊娠すると血流量が増える事で腎機能が活性化されます。腎機能の働きが高まると、尿が排出されやすくなり尿量も増えることになります。それが頻尿の原因の一つと言われています。

もう一つは、膀胱の圧迫です。赤ちゃんの育つ子宮は、膀胱の裏側に位置しています。その為赤ちゃんが成長する事で子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されることになります。

もう一つは、ホルモンが分泌にされる事により膀胱(筋肉)が緩んでしまう事も原因です。

妊婦が頻尿で困ったこと

仕事をしていたので、就労中に何度もトイレに行く事が申し訳なくて困っていました。妊娠しているからと理解してくれる人は少なく、「サボっているんじゃないか」と言われた事もありました。

また、外出した際も何度も何度もコンビニに立ち寄り、トイレに行くので外出するのが億劫になっていました。なかなかトイレが見つからず、妊婦なので入りたくはなかったのですが、パチンコ店でトイレをした事もあり出先ではかなり困っていました。

家の中でも一つしかトイレがなかったので、何度もトイレに行くことで、家族にかなり迷惑をかけていてたと思います。なのでギリギリまで我慢するようになり、膀胱が痛くなるようになっていました。

頻尿の対策

膀胱は筋肉でできています。その筋肉が緩んでしまうことにより頻尿になってしまうのです。なので膀胱を鍛える事を実践しました。

やり方としては、肛門に10秒ほど力を入れます。それを一日50回程度します。

あとは、トイレで尿をする際にわざと尿を我慢したり尿をしたりを繰り返します。こうする事で膀胱が鍛えられ頻尿が改善されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ