頻尿でいつもどこに行ったときでもトイレのことが頭の片隅に 女性 51歳 T.S.さん

頻尿は嫌なものです。家の外に出かけるときは、どこに何をしにいくときでも、必ずトイレのことを考えます。外出先のトイレは汚れているところもあって、なかなか悩みの種です。

飲み物を飲みながら、ドライブしたり映画を見たりする人を見かけると、心底羨ましくなります。私には到底できない行動ですので。


子どものときからトイレが近かった

遠足に行くような時は、必ずトイレ休憩ではトイレに行きます。休み時間でも忘れずにトイレに行っていました。

これは今から思うと、緊張しやすいという性格から来ていたもののように思います。授業中にトイレに行きたくなっても恥ずかしくて言い出せないだろう、という予想もつきますし、我慢のあげく漏らすことを想像しただけで恐ろしくなる、という気の弱い性格だったのです。

途中でトイレに立てない状況が困る

大人になって、トイレに立てないというか立ちにくい状況が一番困ります。会議や資格などのテスト中など、立てない雰囲気の場所はあります。

そのほか、立つと面白い場面を見逃すというときも困ります。映画も講演会もライブも、お金を払った分は楽しみたいです。トイレに入っている時間がもったいないですから。

とにかく冷やさない、飲みすぎない

冷やさない服装を心がけます。ファッションは二の次です。冬なら下にタイツ等を履いてのパンツスタイル。夏でもスカートは履きません。エアコンは足元が冷えますし、ストッキングは保温効果はないに等しいので。

そして、今日はある程度の時間トイレにいけないと思うと、朝から水分を控えめにします。コーヒー、紅茶など利尿作用のある飲み物は飲みません。

日中にアルコールを飲み事はまずありませんが、飲む機会があっても(好きですが)飲みません。すぐにトイレに行きたくなるので。

トイレを我慢することも大事だそう

尿意を覚えたからと言って、頻繁にトイレに行くのはあまりよくないそうです。病的なものでないなら、ある程度尿を貯める訓練をしたほうがいいというのを聞いたことがあります。

普段は家にいることが多いので、なるべく我慢するようにしています。が、他のことに気を取られると無意識にトイレに行ってしまうので、気を付けたいと考えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ