大人なのにおねしょ!してはいけない強迫観念から頻尿に 男性 34歳 T.M.さん

頻尿とは、一日のうちに何度も排尿、つまりオシッコをすることです。

この回数が多いかどうかで、頻尿なのか正常なのかをある程度決めるのです。ある程度、というのは人によって個人差がありますので必ずしもというわけではありませんが、だいたい一日に10回を越えると頻尿と判断されるようです。


突然のおねしょ

当時私は20代半ば、公私共に充実した忙しい日々を送っていたある日、おねしょをしてしまったことに気づきベッドから飛び起きます。

幼少の頃、他人よりおねしょの期間が長くてコンプレックスに思っていたのですが、まさかこんないい大人の年齢で再びおねしょをしてしまうなんて…もうショックで仕方がありませんでした。

今思えば、大人の人がおねしょをすることは異常とはいえ、する時はするものだと思うのですが、その時は絶望感でいっぱいでした。

改善とともに現れた頻尿

当時、職場の近くに引っ越して自由気ままな時間を手に入れて、毎日を楽しく過ごしていました。料理や自炊すらも楽しく、仕事と家事、遊びと忙しく過ごしていた身体を休めるために、毎晩甘いアイスクリームを食べていました。夜遅くに食べても誰にも怒られない。

それはもう楽しかったのですが、ここで突然のおねしょ。乱れた生活を正さないと、またおねしょをしてしまう!これでは旅行等に安心していけなくなる!というわけで、早速寝る前の飲食や特にお腹を冷やすアイスを減らしました。

そして寝る前には意識してトイレへ。まぁ当たり前の事をしているだけなのですが、もうおねしょしてはいけない!と強迫観念に駆られてしまい、トイレへ行く回数が増えていき、夜の寝る前だけで5回も6回も行くようになってしまいました。

本当の改善、心をリラックス

とうとう昼間のトイレの回数も増えてしまい、明らかに回数が多いと自覚してきました。これは何かの病気なんじゃないか?思うようにもなったのですが、そんなある日、テレビのバラエティ番組で平然と「この前おねしょしちゃって」と言う人を見ました。

それを見たときに、これは大したことじゃないんだ!と思い、過剰にトイレへ行かないといけないと思うのをやめたんですね。おねしょもそれ以来していなかったわけですし、その時たまたまやっちゃった、と考えれば、誰にでもあることです。

おねしょの原因は自律神経の乱れなどでも起こるようで、その当時の好き放題で忙しい生活を考えると頷けます。そして過度の心配から、頻尿になってしまったのだと思います。

それからは特に気にせず、でも夜中の飲食は控えるなど、ごく当たり前の生活だけを心掛けることで頻尿もおねしょもなくなりました。やはり規則正しい生活が一番なんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ