40代になってから頻尿に!ノコギリヤシサプリにより改善効果が 男性 42歳 M.I.さん

40代に入って頻尿気味になりました。若い頃は全く気にならなかった症状です。

以前は小が遠い方で、昼間でも3時間から5時間程度なら我慢できるという自信がありました。

しかし、頻尿の症状が出てからは、その自信が大きく揺らぎ、トイレが近くにないと落ち着かない状態になりました。

症状改善のため、自分なりの心がけを行い、サプリも試してみました。結果的に、サプリの効果がよく出てくれたので、現在は落ち着いた状態です。


当初の頻尿の症状

1時間に1回程度小用を足しにトイレに行くようになりました。酷い時は、いったん用を済ませてから、30分くらいで早くも催してしまうこともありました。

尿をせき止めている筋肉の締まり具合に心もとない感じがあり、気を抜くと漏れてしまうのではと思わせる切迫感も強かったです。夜に寝床に入る直前には、朝まで我慢しておける自信がなく、2回はトイレに行きました。

また、寝床からトイレまでが遠いので、万一のためにと寝室にしびんを用意しました。夜間は、せっかく眠りについても2回程度は小用に起きてしまう状態でした。このため、よく眠れない状態が慢性化していました。

頻尿で困ったこと

小用を済ませても、30分から1時間程度でまた尿意が起こってしまい、しかもなかなかの切迫感があるので、外出がおっくうになりました。特に避けたのは、公共交通機関や自動車を利用した移動が必要な遠出です。

また、遠出ではくても、自由にトイレに行くことのできないまましばらく拘束される状況が苦手になりました。例えば、コンサートや観劇などです。おかげで行動のレパートリーが狭くなり、レジャーなどがあまり楽しめなくなってしまいました。

自分なりに取り組んでみたこと

まず心がけてみたのは、摂取する水分を減らすことです。症状が出る前は、割と自由にお茶や水を飲んでいました。そこで、食間に摂取する水分を200ミリリットル程度まで減らしてみたのです。

この結果、頻尿の症状には若干の改善が見られました。

もう一つ試してみたのは、減塩です。テレビの健康情報番組で「塩分の取り過ぎは頻尿の原因になる」と聞いたことがきっかけになりました。血圧が少々高い傾向があるので、高血圧改善と頻尿改善の一石二鳥を狙って減塩を開始したのです。

具体的には、しょうゆやソースをできるだけ使わないようにしたほか、みそ汁を飲むのをやめてみました。劇的な改善はあまり見られませんでしたが、尿量がいくらか減ったような気はしました。

さらなる改善のためサプリ服用を開始

上記の工夫では思うような改善が見られなかったので、サプリを試すことにしました。ノコギリヤシのサプリです。ある日曜日の朝刊に載っていた広告で知りました。

広告を見ても効果については半信半疑の部分があったため、インターネットで関連情報を検索し、より手ごろな価格の商品を選択することにしました。

飲み出してから1週間ほどは何の変化も感じませんでしたが、2週間か3週間が経過する頃から、やや変化が見られました。尿をせき止める筋肉の締まりがよくなり始めたのです。

また、切迫した尿意も薄らいできました。さらに飲み続けるうちにどんどん改善が見られ、現在は、トイレに起きずに朝まで眠れることが増えてきています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ