夜中にトイレ!加齢とともに悩まされる夜間頻尿の原因と対策は?

夜間頻尿とは、夜、就寝してからトイレに一回以上起きる症状をいいます。加齢とともに悩まされる人が増えてきます。

夜中にトイレに何度も起きることで、日中眠くなり、日常生活に支障が出る人もいます。つらい夜間頻尿の原因と対策を紹介します。


夜間頻尿の原因

夜間頻尿の原因はおもに3つです。

  • 多尿…糖尿病、高血圧、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群、うっ血性心不全などの疾患や水分の摂り過ぎでおこります。
  • 膀胱容量の減少…過活動膀胱や前立腺炎、膀胱の老化、膀胱炎などなんらかの理由で膀胱が過敏活動してしまい、膀胱に少量しか尿を溜められなくなってしまいます。
  • 睡眠障害…眠りが浅くなってしまい、目覚めるとそのたびにトイレが気になってしまいます。

夜間頻尿に悩む人々

夜間頻尿に悩んでいる人はほとんどが40歳以上です。日本人で40歳以上の男女、約4,500万人が夜就寝してから1回以上トイレに起きているというデータもあります。

夜中に何度も目が覚めたり、トイレに行くことで日中眠気に襲われたり、注意力が散漫になってしまい、仕事や車の運転などに支障がでてしまう人もいます。

夜間頻尿は、加齢とともに症状が出やすくなるよくある症状です。自分だけかもと悩むことなく、夜間頻尿に悩まされたら泌尿器科の病院に行って相談しましょう。

夜間頻尿の対策

辛い夜間頻尿の症状にはどのような対策が有効なのでしょうか?

まず、多尿の場合は糖尿病や腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群などの疾患が隠れている可能性があります。しっかりと健康診断を受け、疾患が合った場合はきっちりと治療しましょう。

また、寝る前に多量に水分を摂ると夜にトイレで目がさめやすくなります。眠る前にはあまり大量に水分を摂らないようにしましょう。

膀胱が過敏に反応している場合は、膀胱の収縮をおさえ、尿をしっかりと溜めておけるようになる抗コリン剤を服用しましょう。

睡眠障害にはよく眠れるように睡眠薬が有効です。また、睡眠薬だけでなく、日々の生活を規則正しくしましょう。夜間頻尿の原因は自分だけで特定することは難しいです。

病院に相談し、しっかりと原因を特定し、処方された薬を服用することで症状は改善します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ