頻尿には大きな病気が隠れている!頻尿の原因になる9つの病気は?

頻尿を引き起こしている原因には、何かの病気が関係していることもあります。

自覚症状のない病気が隠れていて頻尿の原因になっていることもありますので、頻尿が続く場合は病院で検査を早めに受けた方がよいでしょう。


女性に見られる頻尿の原因になる病気

  • 膀胱炎…大腸菌などの細菌が膀胱に侵入することによって引き起こされます。膀胱の粘膜が炎症によって知覚神経が過敏になり、尿意を敏感に感じるために頻尿になります。
  • 子宮筋腫、卵巣腫瘍…大きくなった筋腫が膀胱を圧迫するために頻尿の原因になります。
  • 骨盤底筋のゆるみ…骨盤底筋の筋肉がゆるむことで、子宮や直腸、尿道や膀胱が支えられなくなり排尿のコントロールが上手くできなくなることで尿が我慢できなくなります。

男性に見られる頻尿の原因

  • 前立腺肥大…肥大した前立腺や過剰に収縮した前立腺の筋肉が尿道を圧迫するため、排尿が上手くできなくなり膀胱内に尿が残るため、新しく作られた尿を少ししかためることができないので頻尿になります。

生活習慣病が原因の頻尿

  • 高血圧…高くなった血圧が腎臓に負担をかけるため頻尿になります。
  • 糖尿病…糖尿病になると口が渇くため飲水量が増えるので頻尿になります。また糖尿病によって膀胱の神経が障害されてしまい膀胱がうまく機能しなくなるために頻尿になる場合もあります。
  • 心不全…夜間に頻尿の症状が強まる場合は、心不全の予備軍である可能性があります。心臓が負担を減らすために、体内の水分量を減らそうとして尿を多めに作ることが原因で夜間頻尿の原因になる事があります。

一番多い頻尿の原因

  • 過活動膀胱…神経トラブルが原因で、排尿筋が過剰に収縮してしまい膀胱の柔軟性が低下してしまうため、尿をためる量が少なくなり頻尿になります。

ストレスや不安が原因の頻尿

  • 心因性頻尿…リラックスしている状態だと頻尿の症状はみられませんが、自分がストレスを感じている場所に行ったり、不安が強くなる環境におかれると頻尿になる症状です。

その他の原因として、加齢によるものや脳の病気が原因になっている場合もあります。

一過性の頻尿の原因に、コーヒーなどのカフェインの入った利尿作用の強い飲み物を摂りすぎてしまったり、冷えが原因になったりして頻尿になる事があります。

頻尿が続く場合は病院で原因を調べて早めに対処しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ