まだ若いのに頻尿に!若い人が頻尿になった時にいい3つの対策は?

1日トイレに行く回数は平均的に5~6回と言われています。しかし加齢による老化現象が始まってしまうと排尿回数が多くなってトイレに行く回数が増えてきてしまいます。

この症状を頻尿と言って1日10回以上トイレにいくという人は頻尿と判断した方がいいでしょう。


若い人でも頻尿になる!

頻尿は高齢者に多いと言われていますが最近では若い人でも増えてきている傾向があります。高齢者の人は骨盤底筋のゆるみによって頻尿になってしまうケースがありますが、若い人の頻尿は膀胱炎か精神的なものが主な理由と言われています。

膀胱炎に関しては軽い症状だとあまり気にならないのですが、症状がひどくなってしまうと痛みや残尿感が出てしまって排尿する回数が増えてしまいます。

精神的なものに関しては、仕事などで緊張した状態が長く続いてしまってストレスを溜めたりしてしまいます。それにより精神的なバランスが崩れてしまって、尿意を感じてしまう事が多くあります。

膀胱炎の時の対策

膀胱炎の場合は軽い場合だとほとんど自覚症状がありません。すでに頻尿と感じてしまっている時はひどくなってしまっている可能性があります。

膀胱炎は尿意を我慢しているとなりやすいので出来るだけ我慢しないでトイレに行く事が大切です。我慢していると膀胱炎がどんどん悪化してしまうので気をつけましょう。またあまりひどくならないうちに病院で治療を受ける事も大切です。

精神的なものの時の対策

尿意が強い時には膀胱に良くないので我慢する事は禁物ですが、それほど尿意を感じているわけではないのにトイレに行きたくなる場合があります。

これは精神的な問題で緊張したりストレスを溜め過ぎたりすると起こってしまう症状です。

少しの尿意でしたらそれほど気にしないようにする事も大切です。また何かに集中して気を紛らわらせたりするのも尿意を忘れるためのひとつの手です。

カフェインの摂取を減らす

若い人は日常生活でよくコーヒーやお茶を飲む事が多いと思います。コーヒーやお茶にはカフェインが含まれていてそのカフェインにし尿作用があります。

そのためコーヒーやお茶を飲み過ぎてしまうとトイレに行く回数が増えてしまいます。コーヒーやお茶を飲み過ぎないようにしてカフェインの摂取を減らすといいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ