頻尿とあなどらならいで!早目の治療が大切

そんなに飲物を摂取してないのに尿意を感じてしまう。さっきトイレ行ったはずなのにすぐにトイレに行きたくなる、夜中に何度もトイレに行きたくなる。

頻尿ってなかなか人に相談できないものですが、そこに病気のサインが隠れているのかもしれないのです。


頻尿の原因

人の排尿の平均は、日中5~6回、夜間夜0~1回。飲物の量や季節によって若干の差はあると思いますが。これが様々な原因で一日の尿の回数が増えることを頻尿と呼んでいます。

頻尿一日の排尿量が8回以上と決められていて、何度もトイレに行きたくなる症状があれば頻尿と言っていいでしょう。一回の排尿量が多いのは頻尿では無く、多尿と呼ばれます。

頻尿は、排尿量が少ないのに何度もトイレに行きたくなる症状のことを言います。

病気による頻尿かもしれません

頻尿が辛い方には、市販で頻尿を抑える薬が販売しています。普通の頻尿であればその薬で抑える事ができます。しかし、頻尿の背後に原因となる疾患が隠されているかもしれませんので、注意が必要です。

原因疾患の多くは、過活動膀胱(OAB)と前立腺肥大症ですが、過活動膀胱とは、自分の意思とは関係なしに膀胱が勝手に収縮してしまう病気なのです。

早目の治療で改善されるのですが、遅くなるとなかなか難しくなります。もう少し詳しく見てみましょう。

OAB

過活動膀胱は、膀胱に尿が少し溜まっただけで、尿を排出しなければならないという反射が起こるのです。このため、膀胱が収縮してしまい尿意を催してしまうのです。高齢になるほど、有病率が高く原因の多くが加齢によるものが多いです。

過活動膀胱の特徴として、下の二つの症状があります。

  • 尿意切迫感急に尿意を催して強くトイレに行きたく感じる。
  • 切迫性尿疾患尿意を我慢しきれずにトイレに入る前に尿が出てしまう。

この二つが主な要因です。

前立腺肥大症

頻尿の主な原因のもう一つ、前立腺肥大症は男性ホルモンが強い高齢男性に多い病気です。基本的な症状としては次のようなものがあります。

  • 残尿感
  • 夜間排尿
  • 尿線途絶

もしかしたら、病気かもしれないと疑い始める初期では、残尿感(排尿の後でも尿が残っている感じ)が少なく、排尿の勢いも大きいままです。

それが次第に尿がなかなか出ない状態へと変わっていき、最終的には尿閉状態になります。そうなってしまうとなかなか治りにくくなるので、やはり早目の治療をお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ