頻尿の原因は?トイレ回数が増えていたら病気かも!

さっき行ったのに、またオシッコに行きたくなることはありませんか?

頻尿になっていても、なかなか病院に行くのはためらわれがちですが、実は病気の徴候かもしれません。

そこで、ここでは頻尿の原因についてみていきましょう。


頻尿とは?トイレの回数が増えること!

まず、頻尿とはどういうものなのか説明します。人は、夜中も含めて1日にだいたい5~6回ほど排尿するとされています。頻尿とは、昼間に8回以上、夜の睡眠時に3回以上の計8~10回以上の排尿があることです。

何度もトイレに行きたくなったら頻尿であるとしていいでしょう。さらに、1回の排尿量が多い場合は多尿である場合もあります。しかし、通常頻尿は1回の排尿量は少なく、にも関わらず何度も尿意が生じてトイレに行きたくなるというケースが多いです。

トイレを心配しすぎるようなら神経性頻尿かも?

人は誰でも緊張すると尿意を生じますが、尿意を過剰に心配するようになると、膀胱に少しの尿が溜まっただけで尿意を感じるようになります。

神経性頻尿精神的なストレスや過度の緊張によって何度もトイレへ行きたくなった経験や、トイレへ行くのを我慢した経験がきっかけとなって、尿意に対する不安が生じた結果に起こることが多いです。

尿意を不安視してしまうと余計に尿意を感じるという悪循環に陥り、日常生活に影響を及ぼすようになってしまいます。また、女性で膀胱炎を発症した後に神経性頻尿が起きることがあります。

頻尿の他に残尿感や排尿したときの痛み・不快感などを膀胱炎と似た症状がみられるのが特徴です。

頻尿の原因、過活動膀胱とはどのような病気なの?

過活動膀胱は、膀胱に尿が少し溜まっただけで尿を排出しなければならないと体が働くことです。過活動膀胱は高齢の方に多く、ほとんどが加齢によるものだとされています。

また、特徴として、頻尿の他に尿意切迫感や切迫性尿失禁などの症状も現れることがあります。尿意切迫感は急に尿意をもよおし、トイレに行きたいと感じることで、切迫性尿失禁は尿意を我慢できずにトイレに行く前に尿が出てしまうことです。

頻尿だけでなくこれらの症状がみられる場合は過活動膀胱の可能性もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ