夜中に何度もトイレに行くのが辛い!夜間頻尿の原因と対策は?

夜中に何度もトイレに行かないといけない症状で苦しんでいませんか?その症状はいわゆる夜間頻尿かもしれませんよ。

夜中に頻繁に起きてトイレに行かないといけないのでは、睡眠が足りない日もでてきて健康に害になりますね。ここでは夜間頻尿について解説します。


睡眠との関係

人間が眠りにつくと脳の下垂体からは抗利尿ホルモンが昼間の2倍も多く分泌されます。そのため尿量が抑えられるのです。加えて夜間は副交感神経の活動が抑えられて膀胱容量が増加します

このようなメカニズムのおかげで夜寝ている時は尿量が減って膀胱も大きくなり朝までトイレに行かないで大丈夫なようになっているのです。

しかし、年を重ねていくと大脳が委縮するのですが、それが睡眠を浅くする原因になります。睡眠が妨げられてなおかつ、夜中に目が覚めた後に膀胱内圧が高まり、実質的には排尿は必要ないのにトイレに行きたくなります。

女性の夜間頻尿の特徴

女性は閉経後に睡眠障害が増えます。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌がかなり落ちるからです。また、このホルモンの低下は蓄尿の問題や過活動膀胱にも繋がっていきます

これに加えてやせや肥満、持病がプラスされると夜間頻尿になるリスクがさらに高くなります。また、夜間頻尿が見つかるのは尿漏れとか昼間の頻尿など他の症状で病院で受診したけれど、問診していくうちに発覚するケースもあるようです。

生活の中で気をつける事

やはり、水分を多く取る生活をしている人は控える必要があります。利尿作用があるカフェインを含んでいるコーヒーとかお茶、眠りが浅くなるアルコールなどを控えましょう。

それから下半身に水がたまるみくみも夜間頻尿につながる可能性があります。スクワットするとか夕方にでも散歩して、下肢の筋肉を使ってむくみの改善をするのも効果的です。

睡眠障害の人は午後2時以前に15程度眠るのも良いです。ただ、この時には眠り過ぎてはいけません。また、年を取ってくると早寝するようになる人はいますが、結局早く目覚める事になりますから、多少夜更かしするのも良いですね。

睡眠は時間より質が大事です。ここに挙げた中で気になる点はありませんか?特にコーヒーやアルコールなどはどうですか?思い当たる人は改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ