3つの頻尿対策で悩みの頻尿が緩和!すぐ始められる簡単な方法教えます 女性 38歳 C.I.さん

私は30代後半の主婦です。子供の頃から神経質なタイプで頻尿の気があった私。若い頃は精神的なものが大きく影響していたのですが、ここ数年はそれにプラスし加齢や出産にに伴う膀胱の硬化により、頻尿がますますひどくなってしまいました。

そのため乗り物に乗っての移動や席を立てない状況が続くことが嫌になり、生活面でも支障が多く出るようになってしまいました。そんな私が頻尿を改善すべく日頃行っている対策が3つあります。


骨盤底筋体操の実践

私は毎日骨盤底筋体操を実践しています。頻尿不安で婦人科での診察を受けた際に教えてもらった体操なのですが、直腸・子宮・尿道・膀胱などを支える筋肉である骨盤底筋肉を鍛えることで症状の改善が女性は期待できるとのこと。

やり方は簡単で、手をお腹とお尻に当てて、肛門や膣を締めたり緩めたりするのみ。普段意識しないとやらない動作ですから、私は意識的にこの運動を最低5分は日々行うようにしています。

膀胱を鍛える訓練の実施

尿意を催すとすぐにトイレに行っていた私。しかしこの習慣は頻尿にはよくないそうで、多少の我慢を膀胱に覚えさせることが頻尿には良いそうです。

そのためトイレに行きたいと思っても、最初の頃は5分我慢しようと我慢し、それが達成できてからは10分、15分と5分刻みでトイレを強制的に我慢するようにしていきました。

尿って普通の女性は1回に200~300CC位出るのが理想だそうですので、それ位溜まるまで我慢することを意識的に行っています。

頻尿対策のサプリメントの使用

私の場合薬を飲むような病的な頻尿ではないのですが、お守り代わりとしてサプリメントも飲んでいます。病院で処方される薬と違い、体への副作用もなく飲めますし、天然成分なので安心して続けられます。

外出する際にもサプリメントを飲んでいることでの安心感で、以前ほどトイレのことが気にならなくなり、外出への不安がなくなりました。

私の頻尿対策のまとめ

このような頻尿対策を行うことで、何もしなかった頃に比べれば徐々にですが改善の兆しが見られるようになりました。まだ始めて5か月程度の話ですが明らかに効果を実感できるゆになりましたし、今日からでもすぐにできる簡単なことばかりです。

私のように(特に女性で)悩んでいる方には、すぐに始めてほしい習慣ですね。そして何より大切なのは、頻尿のことに対して過敏に不安にならないこと、ナーバスになりすぎないことです。

自分の体質であることをある程度自覚し、上手く付き合っていくことも大事だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ