排尿の仕組みを知ると頻尿の原因が見える?自分に合った治療薬で頻尿ケアを 女性 41歳 M.E.さん

現代の中高年には、バリバリと仕事やボランティアをこなしたり、休日ともなれば観劇や旅行を楽しんだりと、アクティブな女性が増えています。

しかし、アクティブな女性でも「頻繁にトイレに行きたくなる」「長時間の外出でトイレが気になる」といった“トイレの悩み”をもつ人は意外と多いようです。

しかも、人に相談しづらく、かといって病院にも行きづらく、ただ我慢して、不快感をもち続けている人も少なくはないようです。


排尿のメカニズムとは

排尿してもすぐに尿意を感じたり、就寝後にまた尿意のために起きてしまったりする“頻尿”について定義はありませんが、一般には、昼間に8回以上、夜(就寝後)に1回以上トイレに行きたくなることが頻尿の目安とされています。

こうした頻尿のために、観劇や映画といった長時間の外出を控えたり、旅行をあきらめたりと、日常生活に不便を強いられている女性も少なくありません。

腎臓で作られた尿は、尿管を通って膀胱にたまります。膀胱は、個人差はありますが400~500mLの尿をためることができます。

膀胱がいっぱいになると、大脳にサインが送られ、大脳は「排尿しなさい」というサインを送ります。すると膀胱が収縮し、尿道の周囲でバルブの役割をしている括約筋が弛緩することで尿道が緩み、尿が排泄されます。

膀胱が過敏になり、膀胱がいっぱいになっていないのに排尿のサインが出されてしまう、といったようなことが、頻尿の一因となっています。

頻尿の原因は加齢だけではない?

頻尿や残尿感で困っている女性は、40代、50代、60代以上と、年齢を追うごとに増加していく傾向にあります。これは、加齢とともに膀胱が過敏になることが原因とされています。

しかしながら、最近では、20代、30代でも頻尿や残尿感に困っている人が多いこともわかっています。若い世代でも、知らず知らずのうちに受けたストレスや、生活環境の変化などが原因となって、膀胱が過敏になってしまうことがあると考えられているのです。

女性専用の頻尿・残尿感改善薬で治療を

頻尿を改善するにはしっかり効能効果のある医薬品の使用がおすすめです。女性専用の頻尿・残尿感改善薬として知られているのが「レディガードコーワ」です。

これまで頻尿の改善を効能にもつ医薬品は「ハルンケア」や「八味地黄丸」といった生薬主体のものが主流でしたが、「レディガードコーワ」は、医療用と同じ成分を使用した西洋薬で、より効果が高いとされています。

まずは、自分に合った薬を見つけることからスタートして、しっかりと頻尿をケアしていきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ