つらい頻尿が起こる原因は?身体的ものと精神的なものがある!

私たちは飲み水だけでなく食事からも水分を補給しています。そして体の不要な物を尿として排出しています。しかし、その排尿も頻繁になってくると困りものです。

昼間の会議中にトイレに行きたくなれば大変ですし、睡眠中に何回も起きなければならないとなれば、睡眠の質が低下して日常生活にも影響が出かねません。

では、頻尿の原因にはどういうものがあるのでしょうか。


一日にこれだけトイレに行きたくなれば頻尿の可能性あり

健康な人が一日にトイレに行く回数は、平均で日中5回、夜間に0~1回とされていますが、日中に8回以上、夜間に2回以上行きたくなれば、それは頻尿の可能性があります。

確かに一日に10回もトイレに行きたくなるのは多い気がしますし、睡眠中に2回もトイレに行くのは心理的な負担も大きいと思います。

頻尿の身体的な原因

これだけ排尿の回数が増えるのには何らかの原因があると考えるのが普通でしょう。では、頻尿の人の体の中ではどういったことが起きていると考えられるのでしょうか。

過活動膀胱過

活動膀胱は、膀胱の中にそれほど尿が溜まっていないのに、勝手に収縮をして尿意をもよおす病気です。急な尿意切迫感により、トイレに間に合わず失禁してしまうこともあります。

前立腺肥大

前立腺は男性のみに存在する生殖器ですが、これは膀胱の下にあり尿道を取り囲んでいます。したがって、この前立腺が肥大すると尿道を圧迫するようになり、途中で尿が途切れたり残尿感があったりします。

尿が残っていればもちろん、またすぐに行きたくなるでしょうから、排尿の回数が増えるのです。

尿路感染

前立腺炎や膀胱炎などの尿路に病原体が感染して起こる病気です。特に膀胱炎の場合、トイレが近くなります。

腫瘍

これが最も怖いと思われますが、膀胱がんが多く、血尿や頻尿が見られます。

糖尿病

まず、糖尿病になるとブドウ糖を排出するために排尿するので、のどが渇きます。すると水分を多く取るようになるので頻繁にトイレに行きたくなります。また、高血糖による神経障害でも頻尿の症状は現れるようです。

心の問題でも頻尿は起こる

緊張や不安、ストレスが原因となってトイレを意識するようになると、尿意をもよおすようになります。ただし、心因性の頻尿には特徴があり、睡眠時はトイレを意識することがないので、夜間にトイレに行きたくなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ