精神的なものが原因だった頻尿は毎日の体操によって改善 女性 34歳 R.T.さん

私が自分の頻尿に気付いたのは、大学生になってからのことでした。授業は1時間半だったのですが、その時間内に必ず1度はトイレのために席を外していました。

周りの友人からトイレの回数が多いということを指摘されて初めて自覚しました。高校生の頃までは、1コマあたりの授業ももっと短かったので、休み時間にトイレに行っていたので、あまり気にしていませんでした。

でも、思えば子供の頃からトイレの回数は多かったのです。


私の頻尿は精神的なもの?!

子供の頃から、外に出かける前や外出先でトイレに行かなくても大丈夫かということを、常に母親に確認されていました。トイレに行くことができない状況で、トイレに行きたいと言い出されるのが嫌だった母が、良かれと思って確認していたのですが、これが頻尿の原因になっていると思います。

トイレがあると、行かなくては駄目だと思うようになり、気付けば1時間おきくらいに行っていました。

これは、回数としてはやはり異常です。トイレに対して、恐怖心のようなものを感じているのは確かです。

頻尿で困る場面の数々

私は、普通の会社員として働いているのですが、長時間の会議が苦手です。1時間半以上の会議に参加することもあるのですが、会議の前に必ずトイレに行くようにしているのに、会議の後半になってくるとトイレの事しか考えられなくなってしまいます。

そして、トイレのために中座することもあるのですが、居なかった間の話について行けなくなります。そのことを考えると、少し我慢しようと思ってしまい、膀胱炎になったこともあります。

また、映画鑑賞も長時間なので苦手です。飲み物は飲まないようにしていても、頻尿はおさまりません。

頻尿を改善するために実践していること

頻尿が悩みだったので病院に行ったこともありますが、検査結果は異状なしというものでした。だから、やはり原因は精神的なものだということでした。

だから、トイレに対してもっと気軽に考えるように心がけています。そして、尿道を締めるための体操を毎日実践しています。

尿道が緩むために、尿意を感じていたようだったので、この体操を取り入れてからは頻尿も少しずつ改善されています。肛門を引き締めたり緩めたりするのですが、効果を実感しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ