頻尿のせいで外出もままならない?膀胱訓練で簡単に頻尿改善出来る!

一日に何度もトイレに行きたくなる、トイレが近くて夜ぐっすり眠る事が出来ない。トイレが近いから外出するのもままならない、なんて人も多い事でしょう。

頻尿は人によって様々な原因がありますが、軽度の頻尿なら自分で対策をする事も出来ます。しかし場合によっては悪化する可能性もあるので良く判断して対策を取りましょう。


膀胱訓練で尿を溜める量を増やせる

膀胱に溜められる尿の量を増やす膀胱訓練と言う物があります。これは簡単に出来る体操のような物で、頻尿の主な原因が精神的な人に適した訓練です。

緊張するとトイレに行きたくなる、トイレを我慢しないと行けない状況になると不安になる。そんな人に最適の訓練です。
やり方は簡単で、排尿をしたくなったら尿道と肛門に力を入れて我慢する事です。

そしてトイレ以外の事を考えたり、深呼吸をして気を紛らわすのです。我慢する時間を次第に伸ばして行くと効果的です。目安として我慢する時間は5分から10分位が良いでしょう。

膀胱訓練に向かない人

しかし膀胱訓練に向かない人も居ます。前立腺肥大症や膀胱炎を起こしやすい人はやらない方が良いでしょう。また、トイレの時に痛みのある間質性膀胱炎の人や加齢から来る過活動膀胱の人も避けるべきです。

血尿が出る人や他にも病気がハッキリとわかっている人はキチンと病院で見て貰い治療しましょう。

頻尿を予防する基本的な事

どうしても長時間トイレに行けない事もあるでしょう。頻尿の人にとっては非常に困った事です。膀胱訓練をしなくても体を冷やさない事や、水分を控える事によっても一時的に頻尿を抑える事が出来ます。

また、最近はお手軽に頻尿の薬をドラッグストアなどでも買えますので、市販薬に頼る事も有効です。

気を紛らわして頻尿予防

病気以外の頻尿はほとんどが精神的な事が原因です。トイレが無いのにトイレに行きたくなったらどうしよう。乗り物などの移動中でトイレに行きたくなったらなど不安になると余計にそれが精神的な頻尿を悪化させるのです。

これらの事を改善するには、まず安心を得る事でしょう。お守り代わりに頻尿の市販薬を肌身離さずに持っているだけでも効果的です。

いつでも薬が飲めると思うだけで安心感を得る事が出来るのです。自分の症状を見極めて上手に頻尿を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ