気になる頻尿の原因は病気?頻尿の原因となる病気とはどんな病気?

夜中に何度もトイレに行きたくて目が覚める症状や1日に何回もトイレに行きたくなる症状を頻尿と呼びます。

ただ、おしっこが近くなるだけなので、我慢できないほどではないため頻尿を軽く見て何の対策もしない人が多いのが現状ですが、実はこの頻尿、病気のサインだったりするので要注意です。


頻尿の目安は?1日に10回以上トイレに行くようなら要注意です!!

一般的に1日のうち日中に8回以上、夜間(寝ているとき)に1~2回以上トイレに行くような状態は頻尿であると言われています。ですから、「最近、トイレが近くなったな・・」などと感じている人は、自分が1度1日に何回トイレに行っているのか数えてみることをお勧めします。

ただし、これは目安なので、例えば1日に2~3回しかトイレに行かなかった人が、5~6回トイレに行くようになったのなら頻尿を疑う必要があります。

頻尿の原因は病気である

ほとんどの頻尿の原因は、軽いものから重いものまでありますが、病気であると言って良いでしょう。頻尿の症状が出た場合にまず疑われる病気は、過活動膀胱です。

過活動膀胱とは、簡単に言うと、通常膀胱にある程度の尿が溜まってから尿意を引き起こすといったサイクルが狂ってしまい、まだ、膀胱に尿が溜まっていないのに尿意を引き起こしてしまったりする病気です。

他にも男性では、前立腺肥大、慢性前立腺炎などの病気、女性では、膀胱炎、子宮卵巣の病気、などが頻尿の原因であることがあります。

更に、トイレに行く回数だけではなく、尿量も多い場合は多尿と呼ばれ、糖尿病や慢性腎不全の疑いもあります。他には心因性の神経性頻尿などがあります。

神経性頻尿とは、誰でも緊張することで尿意を引き起こした経験があるとは思いますが、それを過度に気にすることによって頻尿を引き起こす病気です。

頻尿を軽く見てはダメ!とりあえず、病院で検査を

このように、頻尿の症状は病気のサインである場合がほとんどです。心因性のものもありますが、神経性頻尿だって立派な病気であり、治療が必要だと言えます。

頻尿を軽く見て放置すると、重い病気につながる可能性もあるので「人よりトイレに行く回数が多い」と感じたら、病院で検査をすることをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ