あなたのその頻尿の原因はなに?早めの対策が有効!

夜中に何度もトイレに行きたくなる重い荷物をもつと尿漏れしてしまう昼間もトイレが近くてでかけるのが億劫になってしまうこんな経験はありませんか?

頻尿は様々な原因があります。その原因と対策をみてみましょう。


頻尿の原因は?

頻尿の原因の多くが以下のことによります。骨盤底筋の衰え…加齢によるものと出産によって骨盤底の筋肉がダメージをうけ筋力が低下するものがあります。過活動膀胱…自分の意思とは関係なく勝手に膀胱が収縮し、急に尿意をもよおしたり、我慢できなくなってしまいます。

前立腺肥大…中高年男性に多く見られます。前立腺が肥大する原因ははっきりと解明されていませんが、男性ホルモンの変化により前立腺肥大になると考えられています。

骨盤底筋の衰えの対策法は?

骨盤底筋は子宮や膀胱を支える骨盤の一番底にある筋肉や靭帯のことをいいます。ここが衰えると骨盤自体が緩んでしまい、頻尿、尿漏れの原因にもなります。

又シルエットも老けてみえます。出産や長時間のデスクワーク、運動不足でも衰えてしまいます。積極的に骨盤底筋をきたえましょう。○尿道を鍛える椅子に座り両足の膝をつけ足先は離し、息を長く吐きながら尿道や膣を意識して締めます。

息を吐ききったらゆっくり息を吸いながら尿道、膣を緩めます。これを5回ワンセットで、3回繰り返します。○肛門周辺を鍛える床に座り足裏をあわせ両膝を開きます。息を吐きながら肛門を締めます。

息を吐ききったらゆっくり息を吸いながら肛門を緩めます。これを5回ワンセットで、3回繰り返します。早い人では3週間くらいで効果が出てきます。

過活動膀胱の対策方は?

過活動膀胱による頻尿は膀胱訓練(トイレに行く時間を延ばす)により改善できます。

膀胱訓練のやり方は、尿道に力を入れ尿意を我慢します。尿意を紛らわすため、他のことを考えたり、深呼吸します。このようにして我慢する時間を分単位で徐々に延ばしていきます。

1度に200mlくらいの排尿を基準にして、それまではトイレに行くのを我慢しましょう。

前立腺肥大の対策法は?

男性に多く見られる前立腺肥大による頻尿の場合はまずホルモンバランスを安定させるため、規則正しい生活が基本になります。

又尿意を我慢しないことも大切です。その上で男性ホルモンのバランスを整えるとされている、亜鉛のサプリメントも有効です。また「のこぎりやし」のサプリメントも前立腺肥大の原因のひとつとされている「ジヒドロラストステロン」の過剰な生成を抑制するとされています。

又これらのサプリメントなどで効果が見られなかったら泌尿器科へ受診しましょう。頻尿は睡眠不足など、日常の生活の乱れを引き起こしかねません。自分の頻尿の原因を知り、早めの対策をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ