頻尿の原因とは!?背後にあるのは重大な病気の可能性も!?

頻尿には原因は様々通説がありますが、症状としては一日に行くトイレの回数が異常に多い事を指します。

ですが、頻尿の原因には病気である事の可能性が高く考えられる可能性をチェックしておくことが重要です。

それでは頻尿の原因の可能性について詳しく紹介していきましょう。考えられる原因として大きく4つに分類する事が出来ます。


糖尿病による「喉の渇き」が原因の頻尿

糖尿病は血液中のブドウ糖濃度が慢性的に高濃度になってしまう病気です。

身体は増えすぎたブドウ糖を排出する為に尿と一緒に排出する習慣があります。その為、水分を摂取すればその水分はすぐにブドウ糖と結合し尿として排出されるので喉の渇きが非常に早くなります。

そして飲んで、出して、飲んで、出しての繰り返しでトイレの回数が多くなるのが糖尿病の喉の渇きが原因の頻尿です。

糖尿病の神経障害が引き起こす頻尿

神経障害が原因の頻尿の場合は、高血糖が続く事により神経伝達が鈍くなり排尿に対する正しい指示が脳から出ません。

出ていない訳では無く、正しく届いていないのです。その神経症状が崩れ続けていると尿を溜める機能が正常に動かなくなってしまう為、少しでも膀胱に尿が溜まるとトイレに行きたくなってしまいます。これが、糖尿病による神経障害が原因の頻尿です。

過活動膀胱

これは高齢の方によく起こる症状です。年齢と共に膀胱に尿を溜めておく事が出来なくなってしまう為、少しだけでも膀胱に尿が溜まると強い尿意や、失禁の可能性が高まります。

病気として分類されますが、年齢を重ねる事により起こる神経障害の一つととらえる事が出来るでしょう。この頻尿の原因は身体機能の低下と共に起こるので予防が難しく、高齢の方には多くある症状の一つです。

前立腺肥大症

尿意はあるのにも関わらず尿が出ない症状になってしまう病気です。トイレに行きたい気持ちは強く何度もトレイに向かい排尿しますが、出る尿の量が非常に少ないのが特徴です。

その症状が続くと尿閉状態になってしまい、腎臓や尿管への影響が強く出て尿路感染症を引き起こす可能性が高いです。そうなってしまう前に医師に診てもらう事が重要です。

頻尿の症状の4つの原因について紹介してきました。頻尿のメカニズムを知って正しい対策を取りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ