心因的頻尿の原因は?ストレスからくるものがある!

人生のうちで重要な局面を人々が直面をしたときに、誰もが緊張の余りに尿意を感じるときがあります。

緊張の余りに短時間ごとにトイレに行きたくない時がでてくるといえます。

それは神経性の頻尿というのであり、緊張や精神的なストレスの頻尿であり、膀胱や尿道など原因の頻尿ではなくて心因性の頻尿といえます。


心因的な頻尿の原因とは

重要な場面の時に、緊張する頻尿は体の異常ではなく、普通の場合は一過性ですので放置しても悪化することはないのですが、日常の生活の習慣や仕事のストレスなどで連続して起きる頻尿は、交換神経と副交感神経のバランスが乱れることで自律神経失調症が起きます。

過去に膀胱炎や過活動膀胱などによって頻尿になっていたことのある人は、トイレにどうしても行ってしまうことが多いです。トイレに行かないとどうしても不安になり、尿意を意識していたり、緊張から膀胱が萎縮して頻尿の症状が出てくる時が多いです。

夜中の心因性頻尿とは

眠りたくても眠れない睡眠傷害の時に真夜中に頻尿になるのは、ストレスなどが原因のために熟睡できなくなり、起きている間と同じように尿が作られてしまうからです。そのために尿意が頻繁に感じ続けています。

睡眠しているときになぜ人は尿意を感じないかというと、脳が腎臓に水分補給ができないために尿を濃くするように命じます。そのために脱水を防ぐために尿意を感じる時間の感覚が長くなります。

夜間頻尿は、睡眠不足の状態が続いていたり、何度もトイレに起きていくことによって転倒による怪我や骨折になりうる危険性があります。

心因性の頻尿の治療法

心因性の頻尿の治療法の殆どが薬物療法屋、カウンセリングが中心になっていますが、その他に症状がひどいときには、過敏な膀胱の過敏性を和らげるためにクスリを使いますが、その他にストレスが多いために抗不安剤や抗うつ剤を使用するときが多くなります。

その他には、膀胱の容量の増加するために尿意を感じていてもトイレには行かないようにして、トイレに行く感覚を少しずつ長くしていく訓練を行っていたり、骨盤底筋体操で、尿道の周りの骨盤底筋を鍛え、尿意を感じても我慢できるように訓練します。

心因性の頻尿は、心身共に疲れがたまっていることが多いので、ゆっくりと過ごす時間が必要です。そして運動や趣味などでストレスを発散することも心因的な頻尿を直すのが効果的になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ