妊婦の頻尿の対処法!万が一の時の対策方法を知っておこう

妊婦は頻尿になりやすいというのはよく言われることですね。

妊娠初期から、中期、後期にかけて、ほとんどの妊婦さんが頻尿になります。

自覚症状の程度はありますが、普段よりも尿の回数が増えるのは自然なことです。

万が一のトラブルに対処するための方法について知っておきましょう。


ほとんどの妊婦さんが妊娠後期には頻尿になる

妊娠初期に頻尿を経験する妊婦さんはあまり多くないのですが、妊娠週数が進むにつれてその割合はどんどん増えていきます。

そして、お腹が大きくなる妊娠後期はほとんどの妊婦さんは頻尿を抱えることになります。頻尿について悩む、悩まないの程度はありますが、トイレの回数が日に日に多くなるのは自然なことなのです。

むしろ尿の回数が増えていない場合は、摂取する水分の量が少なすぎないかどうか注意して。ちなみに、妊娠初期から頻尿が続いている場合は、出産するまでその傾向が続くと覚悟しておきましょう。

妊娠初期の頻尿対策!パンティライナーがあると安心

妊娠初期は、つわりがあったりと何かと心も体も不安定になりがち。それに加えて頻尿があると、ナーバスになってしまうという人も多いです。「おしっこが出ちゃったらどうしよう、我慢できなかったらどうしよう」という不安な気持ちは、妊娠中はタブー。

パンティライナーを付けておけばちょっとの尿漏れ程度なら安心です。自分の心に負担がかからないような方法で頻尿対策するようにしましょう。

妊娠中期は尿意の我慢に要注意!

寝起きにお腹が張っているように感じることがありませんか?それは、膀胱におしっこがたまっているから。同様に、尿意を我慢することもお腹の張りにつながります。この時期のお腹の張りは切迫流産や切迫早産の危険が。尿意の我慢でお腹が張らないように注意したいところです。

妊娠後期の頻尿対策!尿取りパッドも便利

妊娠後期は頻尿に加え、子宮が大きくなって膀胱を圧迫するせいで尿漏れに悩む女性も増えてきます。パンティライナーでは心もとないので、尿取りパッドを付けておくといいかもしれませんこの時期の頻尿や尿漏れは恥ずかしいことではありません。

妊婦さんなら誰しもが通る道と思って、万が一の対策を取っておくと心強いですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ