男性の頻尿は予防できる!おすすめの頻尿対策の2つの方法は?

男性の頻尿患者が多いということをご存知でしょうか?

特に、中年以降の男性は頻尿になるリスクが大幅に増えます。

頻尿になって泌尿器科を受診するのが恥ずかしいという人も多いですよね。

今のうちからできることを初めて、男性特有の頻尿対策を実践しておきましょう。


男性に多い頻尿の原因は何?

男性に多い頻尿の原因は前立腺肥大と言われているものです。前立腺が通常よりも大きくなってしまうせいで、膀胱の場所を奪ってしまうのが原因です。

本来なら膀胱がおしっこをためるはずの場所が、前立腺のせいで邪魔されてしまい、十分におしっこが溜められないせいで頻繁にトイレに行かなくてはいけないのが特徴です。1回あたりのおしっこの量が少ないという人は、前立腺肥大によっておしっこが十分ためられていない可能性があります。

おしっこに勢いがない、力を入れないと出ない、おしっこを出し切るまでの時間が長い、おしっこの途中で何度も途切れてしまう…。これらの症状がみられる場合には前立腺肥大による頻尿を疑いましょう。

頻尿対策!今からできる2つのこと

中年以降は頻尿のリスクが高まります。すでに頻尿傾向のある人も、今は大丈夫だという人も、しっかり対策しておきましょう。1.便秘に注意する前立腺肥大は加齢とともに起こる可能性の高いものですが、若い世代で引き金になりやすいのが「便秘」。

便秘になると排便時にかなり強い力で力むことになります。便秘の原因になる台帳と、前立腺はかなり近い部分にあります。便秘が慢性化すると、前立腺も何かしら影響を受けてしまうということです。

便秘を予防して、過度の腹圧をかけることは避けるようにしましょう。2.薬を服用するときは副作用に注意する前立腺肥大の原因が、薬の副作用によることもあります。身近なところでいうと、風邪薬や胃腸薬。

定期的に服用しているという人は、要注意です。また、循環器系の薬にもおしっこの出方を悪くしてしまうものがありますから、頻尿が心配な場合は医師や薬剤師に相談することです。

服用することでおしっこの出が悪くなることはないかということを確認しておきましょう。その上で、薬を服用するかどうかを決めると安心です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ