妊娠中だけじゃないの?産後に起こる頻尿の原因とその対策

妊娠中は頻尿になりやすいと言われていますが、実は産後も頻尿に悩む女性は多いのです。とはいえ、周囲には聞きにくいですよね。

なかなか人に相談できないからこそ辛い頻尿。産後の頻尿の原因や、対策方法についてお教えします。


産後も頻尿は続く!いつになったら終わるの?

全ての女性に起こるわけではないのですが、産後頻尿が続くことは珍しくありません。

妊娠中の頻尿の原因は、妊娠中のホルモン変化と赤ちゃんが子宮内にいることで膀胱を圧迫することの2つが原因でしたから、基本的には出産後は治まるのが一般的。

しかし、産後の場合はいつになったら終わるという明確な指標はないのです。それは、頻尿の原因が筋肉や骨盤底筋の衰えによるものだから。いつごろ回復するのかは、人それぞれ。

努力次第で早く頻尿から回復できるという程度の目安しかありません。

産後の頻尿の原因は筋肉や骨盤底筋の緩み!

出産後も、1日8回以上トイレに行く、1回でおしっこがスッキリしない、トイレ後30分以内にまたトイレに行きたくなるという症状があれば「頻尿」が疑われます。

ほとんど水分を取っていないのに、やたらとトイレに行きたくなるのも頻尿の可能性が高いです。とはいえ、産後すぐには子宮の大きさは戻りませんから、2週間~1か月程度頻尿が続くのは自然なことです。

1カ月検診で子宮の大きさがほとんど元通りに戻ったことを確認した後から、頻尿について考え始めても決して遅くはありません。産後1か月以上を過ぎてもこれらの症状が続くようならば、自主的に筋肉や骨盤底筋を鍛えるトレーニングを取り入れていく必要があります。

産後1カ月からOK!頻尿改善トレーニング

産後はまだまだ無理は禁物。体に負担をかけないトレーニング方法で頻尿改善を目指しましょう。一番簡単で効果的なのが、何かあるごとに下腹部に力を入れて、お尻をキュッと締めるイメージを持つこと。

ゆるんだ腹筋を強化する効果もあります。これなら家の中にいても、外にいても実践できますよね。地道なトレーニングですが、早ければ1か月、遅くても3か月ほどで効果が実感できるはずです。

毎日続けて、辛い産後の頻尿を改善していきましょう!それでも治らなければ、産婦人科で相談すると安心です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ