突然の尿意で困る前に!何が頻尿をもたらすか理解しましょう 男性 54歳 N.D.さん

未成年の頃はそうでもないのに、酒を飲むようになると頻尿に悩む人が多いのはなぜでしょう。

頻尿は飲み物の成分によって起こる事が多い症状です。頻尿を患うと長距離のドライブやバス旅行では本当に苦労します。

特に高速道路の渋滞で動かなくなるとその車中で頻尿の人は難渋します。頭痛のようにがまんしている間にいつの間にか治るという事がありません。

一時的に尿意がおさまるまで我慢し続けるのは身体によくありません。


頻尿の原因となるアルコール飲料

ビールを飲むとトイレが近くなるとよく言われます。それほどビールと頻尿の関係は広く知られています。

にも関わらず宴会の乾杯はビールでする集団が多くあり、これが頻尿の原因の1つになっています。ビールと発泡酒とでは大差ないようですが、人によって出方が変わるものですから自分のペースを見極める事が大切です。

尿意に気付くまでの時間も様々ですから注意が必要です。大切なパーティや得意先と同席するチャンスなら、飲みっぷりよりもトイレに行くために席を外さないことを重視すべきです。

他にもハイボールやスパークリングワインなど発泡するアルコール飲料は冷やして飲むのでしばらく経ってから急に頻尿になる傾向があります。

カフェインの入った飲料

緑茶を飲むと頻尿になりやすい傾向があります。

特に良い煎茶を茶葉から淹れて飲むとその傾向があります。コーヒーも挽いた豆からドリップしたコーヒーを飲むと頻尿になりやすい傾向があります。どちらも暖かい飲み物でカフェインが入っているのが共通しています。

ビールの場合よりも早く尿意に気付く傾向があります。暖かい飲み物の方が消化器からの吸収が早いので、カフェインによる利尿作用がはたらくまでの時間が短いのでしょう。緑茶もコーヒーも自動販売機で購入できるものは丁寧に淹れられたものより利尿作用が弱いようです。カフェインを中心とした成分の違いが大きいのでしょう。

水分を計画的に摂取してトラブルを防ぐ

頻尿を起こしやすい代表的な飲み物について述べましたが、それ以外にも余分な水分を摂取しやすいものはたくさんあります。

うどんやラーメンなども出汁やスープまで飲むとかなりの水分量になります。その上に塩分も多いので水が欲しくなり更に水分量を増やす傾向があります。

渋滞が予測される高速道路を利用する時には控えた方が無難です。また寝る前にビールを飲むのも同様です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ