トイレが近い原因は?色々な理由があるけど病気のサインの可能性もアリ

排尿は誰にでもある生理現象です。個人差はありますが、多くの場合は一日にトイレに行く回数は同じ様な感じです。

起きている時には8回前後、寝ている時は朝までトイレに行かないか1回。これ以上トイレに行く回数が多い人はトイレが近いと言えます。

トイレが近い原因を知る事によってトイレに行く回数を減らす事が出来ます。

水分を多く摂ると排尿も増える

トイレに行きたくなる一番の原因は、やはり水分の摂りすぎでしょう。

水分を取れば余分な水分を体の外に出す為に排尿する事になります。また、お茶やコーヒーなど利尿作用がある飲み物も多くあります。健康に特に問題無いのにトイレが近い人は、単純に水分の摂りすぎが原因と思われます。

加齢が原因、過活動膀胱

頻尿の原因と言えば過活動膀胱です。年齢を重ねると膀胱の伸縮や働きが弱まったり自律神経が乱れてトイレに行きたくなったりするのです。中年以降の人に多く見られる頻尿の一番の原因と言えるでしょう。

膀胱が圧迫されるから排尿したくなる

膀胱が圧迫される事も頻尿の原因となります。圧迫されるのですから、膀胱の中に尿を溜める事が出来なくなります。膀胱が圧迫される原因は、妊娠やお腹の脂肪の増加などがあります。

緊張したり神経質になってもトイレが近くなる

試験前や失敗出来ない時、または長距離移動するために長い時間トイレに行けない時があります。そんな時に限ってトイレに行きたくなりますね。これは緊張したり、トイレに行けない事がプレッシャーとなって神経質になるのが原因でトイレが近くなるのです。

神経性頻尿と言われ、ちょっと膀胱に尿が溜まっただけでも過敏に反応してしまいトイレに行きたくなるのです。

頻尿は病気のサイン?高血圧や糖尿病の可能性

頻尿は、様々な病気のサインだったりします。高血圧や糖尿病、前立腺肥大の可能性もあるのです。

他にも膀胱の周りの臓器に何かあった場合も頻尿になる事があります。症状が頻尿だけだから別に気にしない、何て思わずにちょっとでも気になる事があるなら病院で検査して貰いましょう。

トイレが近い原因は様々あります。自分の頻尿の原因を知る事によって頻尿の対策を取る事が出来ます。トイレが近いのは、やはり不便な事です。

原因を知り、正しい対策や治療をして煩わしい頻尿から解放されましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ