過活動膀胱の原因は?神経か、そうでないか?様々に考えられる原因!

膀胱が普通よりも激しく働いてしまうことで、排尿に問題が現れるのを、過活動膀胱と言います。頻尿に繋がるこの過活動膀胱ですが、その原因は何なのでしょうか?

膀胱は体から出す尿に関したところであり、なかなか自分で意識することは難しいです。しかし、頻尿は身近でありながら陥ると大変なものです。加齢によって陥るとはよく聞く話ですが、この過活動膀胱は加齢だけが原因ではありません。

今回は、この過活動膀胱の原因について見ていきます。

そもそも過活動膀胱って?膀胱の異常から頻尿に

膀胱の過剰な働き

まず、そもそも過活動膀胱がどんなものなのか確認しておきます。過活動膀胱とは、膀胱が何らかの原因によって、通常よりも活動が激しくなってしまうというものです。

膀胱は、体の様々な働きによってできた尿を溜めておき、また筋肉の収縮によって排尿させる部位です。この膀胱に異常が起こることによって、排尿に関してもまた支障が出てきます。

頻尿に繋がる

その支障として、最もわかりやすいものは頻尿です。過活動膀胱で悩む一番の症状と言っても差し支えありません。

過活動膀胱によって、膀胱は排尿するほどの尿が溜まっていないのに働いてしまって、結果普通よりも高い頻度で尿意を催すようになります。時には突然の非常に強い尿意によって、我慢できずに尿が漏れてしまうこともあります。

過活動膀胱の原因は?神経が関わるかどうか

神経が関わる場合

さて、では実際に過活動膀胱の原因について見ていきます。その原因は、神経についての問題が関わるかどうかで大別することができます。挙げてみるとこうなります。

  • 神経に関する問題の場合
  • 神経の問題でない場合
  • 原因がはっきりと特定できない場合

神経に関する問題というのは、体における何らかの問題によって、神経伝達に支障が出ている状態のことです。例としては脳梗塞や脳出血、他にも脊椎の障害などがあります。これらは、時に命に関わることもあります。

神経の問題でない場合

他に、神経の問題でない場合もあります。よく加齢で頻尿になると言いますが、それもこの神経の関わっていない方の原因に含まれます。例えば、男性で言えば前立腺肥大、女性で言えば骨盤底筋の緩みなどがあります。

前立腺肥大とは、その名の通り男性のみにある部位である前立腺が肥大してしまうというもので、加齢と共に患者が増えていきます。前立腺が肥大化することで尿道が圧迫され、排尿のために膀胱に負担がかかり、それが過活動膀胱の原因となるのです。

膀胱などを支える骨盤底筋の方も、同じく加齢で衰えてくることが多いです。それに加えて、女性では妊娠や出産によってもそれが緩んできてしまいます。支えを失うことで、膀胱の働きに支障が出てきます。

そんなにはっきり分かるものなの?時には分からないことも

医師でも分からないことも

ここまで、はっきりと過活動膀胱の原因について述べてきましたが、実はここまで明確に原因を特定できないこともあります。

過活動膀胱には様々な要因が潜んでいます。そして、それらは1つでないことも多いです。また、時にはストレスやその他の原因によって頻尿に陥っていることもあります。

色々な要素が絡み合うことで現状に陥っている場合、医師であってもその原因を特定できないことがあります。

どんな治療があるの?主に薬物治療が行われる

病院では薬物治療

次に、過活動膀胱はどのようにして治療されるか見ていきます。病院では検査によって過活動膀胱と診断されると、主に薬物治療が中心に行われます。

薬としては、膀胱の活動を抑えるような薬があります。例としては抗コリン薬などです。これによって、余分な膀胱の収縮を抑え、過度な働き、多すぎる排尿を抑えるのです。

家でできることは?少しずつトレーニング

排尿のコントロールを目指す

最後に、家でできるようなことも紹介しておきます。病院では薬物療法と一緒に行動療法も行われますが、これに似たことを、辛くない程度に自分でも行えるのです。これは過活動膀胱の治療と言うより、頻尿の対策と言えるでしょう。

行うのは、排尿のコントロール、そのトレーニングです。頻尿はつまり人よりも排尿回数が多く、また1回の尿の量も少ないということです。そこで、それを正常に戻すようなトレーニングを行うのです。

例えば、尿意を感じてからすぐにトイレには行かず、少し我慢したりです。これを膀胱訓練といいます。ただし原因に病気があったりすると悪化する恐れがあるので、そこは注意が必要です。

他にも排尿の記録をつけて現状を把握、管理する方法や、骨盤底筋を鍛える体操など様々な手法があります。状態や原因によって向いている方法、向いていない方法がありますから、よく考えて選びましょう。

まとめ

頻尿になったら、疑ってみる

いかがでしたか?頻尿を招く過活動膀胱について、知識を深めてもらえたでしょうか?その原因は本当に様々で一概には言えませんが、頻尿になったら疑ってみるべきです。

そして、例え命に関わるほどでなかったとしても、頻尿は日常生活に多大な影響を及ぼします。病院に行ったりして、その改善の方法を探ることも大切と言えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ