おしっこの数が多い時の改善方法は?何が原因なのかそれがポイント!

トイレに行ってもすぐにまた行きたくなる事で、落ち着いて作業が出来ないとか会社での大事な契約の時なのに仕事にならなくて困った。

また、外出の時に常にトイレの場所を探して歩いてしまう事で皆と楽しむ事も出来ず周りに不快感を与えているのではないかと心配になり人と出かける事も出来なくなっている。

これは、頻尿の症状です。このような状況で悩んでいる方は、わりと多くいます。今回は、そんな頻尿について調べました。

頻尿とは何なのか?尿の回数が多いという症状!

頻尿とは、トイレに何回も行くという症状の事をいいます。朝から寝るまでの間で、8回以上トイレに行かなければいけない状態にありその事で日常生活に障害が出ている時の事をいいます。

また、昼間の他にも夜寝てからトイレの為に1回以上起きるという状態にありその事で日常生活に障害が出ている時を夜間頻尿といいます。

頻尿と気がついたら?

まず、今の自分の状態を把握しましょう。1日の中で、排尿の時間や量そして回数等を記録してみましょう。その記録を持って泌尿器科へ受診されると、診察判断のプラスにもなります。

夜間頻尿の原因とは?

夜間頻尿の原因は色々あります。主な原因としては、夜間に尿を多く作ってしまう事があります。また、睡眠障害も原因の1つになります。

頻尿になる原因は?年齢や日常生活にも原因にある!

頻尿の原因は幾つかありますが、年を重ねることで自然に起こる身体の機能のことで生じる時があります。普段の生活の中にも幾つかあります。

頻尿の治療は基本病院での治療が1番です。頻尿のトラブルは、年齢を重ねると共に症状が進行していきます。早期治療が大きなポイントになります。

病院での治療を進めながら、自分で出来ることをしましょう。日常生活の中にある、原因にも注意をして毎日を楽しく過ごせるようにしましょう。

冷えが原因になる時もある!

冬の寒い時期だけではなく、会社などでもエアコンが良くきいているので身体が冷えて頻尿になります。冷対策商品などを使い、頻尿を防ぐ為にも身体の為にも冷やさないようにしましょう。

利尿作用のある水分の摂りすぎ!

コーヒーやお茶は、利尿作用があるので飲みすぎないように注意が必要です。アルコールも利尿作用があり、頻尿になります。アルコールの摂取については、持病がある人には注意が必要なので主治医に相談の必要があります。

安心してばかりもいられない?病気が隠れてるかも!

頻尿の原因が加齢による事から起きているときや、普段の生活習慣が原因の時には大きな心配は無いのですが他にも原因が考えられます。

体の病気の症状として頻尿になる事もあるのです。男性に多く見られる病気では、前立腺肥大症です。女性では、子宮筋腫などの婦人科の病気で頻尿になる事もあります。

ストレスや不安から起こる、頻尿もあります。これは、年齢に関係なく若い人でも高齢の方でもみられます。この時には、泌尿器科の他に心療内科での治療が必要もありますので早めに泌尿器科を受診して下さい。

精神的な事が原因とは?

http://頻尿対策.net/genin/sutoresu.html
心因性頻尿といいます。日々の生活の中で、多く感じているストレスや過去に受けた事への不安が大きくなる事で同じ様な状況になった時に頻尿が起こる事があります。

病気が原因になっている?

頻尿で嫌な思いをされている方の中には、市販の薬で抑えている方も多くいますが、その頻尿が病気の症状として現れている時もあります。代表的な病気を挙げました。

  • 前立腺肥大症の時
  • 感染症による時
  • 糖尿病の症状として
  • 子宮筋腫の時
  • 子宮脱の時

改善のためには何をする?まずは病院を受診しょう!

頻尿の治療には、病院での治療が最善方法です。トイレに何回も行きたくなる事で、普段の生活に支障が出るようになり仕事などにまで影響が出ている時にはなおさら必要です。

まずは、その頻尿が病気が原因でない事を確認する為に病院へ行き相談の上で必要に応じて検査をしてもらいましょう。病気は、早期発見・早期治療が1番です。必要な治療を始める事で、普段の生活の改善にも繋がります。

恥ずかしがらないで!

病院へ行った方がいいかなと気がついても、患者さんの中には泌尿器科へ行く事を躊躇してる方も多くいる事も事実です。でも、体の為に恥ずかしがらずに1歩を踏み出しましょう。

普段自分で予防出来る事は?普段の生活を改める!

病院での治療を始めたなら、自分で出来る事もしましょう。特別な事ではないのです、毎日の生活の中で簡単に出来る事になります。

何回もトイレに行かないようにする為には、ストレスを溜めないように入浴の時にリラックス出来るようにする、利尿作用を高める飲み物を控える事も大事な事になります。

水分を制限する時には、治療中の持病に影響が出る時もありますので必ず医師に相談することが必要です。

運動等は注意が必要です!

病院での治療として、膀胱訓練をしている方は心配ないのですが自己判断で実行するのは危険です。病気によっては、尿を我慢する事が良くない時もあります。必ず医師に相談しましょう。

まとめ

今回は、頻尿についてと幾つかの原因とその対応についてそして、病院への受診の必要性と自分でも出来る簡単な対応について調べました。

おしっこの事なので泌尿器科に行く事に、恥ずかしいという気持ちが大きくなり受診をしていない方が多くいます。しかし、病気が隠れている事もあります。

何の病気でも、早期発見と早期治療がベストです。身体のためにも、日常生活の改善の為にも1日も早く専門医を受診しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ