頻尿でトイレが気になる!夢中になることを見つけて 女性 47歳 I.S.さん

キッカケは膀胱炎からだと思います。ある朝、トイレに行くと何か違和感があり、スッキリしません。残尿感やヒリヒリするような痛みがありました。

疲れがたまっていたし、トイレをぎりぎりまで我慢することが多かったので、ああこれは膀胱炎だなと思いました。すぐに泌尿器科を受診し、抗生物質を処方されました。

薬を服用すると、3日で痛みは治まりました。


また膀胱炎になりたくないから

膀胱炎はすっかり治りました。また膀胱炎になってつらい思いをするのは絶対にイヤなので、もうトイレは我慢しない、マメに行かなきゃと決意。

今までならまだまだ我慢というか、大丈夫な感じでも、すぐにトイレに行くようになりました。膀胱に尿を貯めたくないという思いがありました。

2時間に1度はトイレに行っていたと思います。尿意を感じたらすぐっという感じでした。

したいのか、したくないのかわからない

そんな生活を数か月続けていると、外出などが面倒なことになってきます。出発前にトイレに行って、外出先で行って、帰る前に行くという感じでした。

車で外出の場合、更に生き帰りの途中でコンビニに寄り、トイレ休憩をとったりするようになりました。こうなると外出もトイレに行ってばっかりで、つまらないし、いつもトイレの場所を探して疲れてしまいます。

また、当たり前ですが、そんなに何度もトイレに行っていたら、ちょっとしか出ません。尿意もあるのか無いのかわからないのに、とりあえずトイレに行く、という感じになってしまいました。

このままだとしんどい

もう、トイレにとらわれた生活は無理だと思いました。何とか以前のように普通の生活に戻りたいと切実に思うようになりました。

インターネットで色々調べると、膀胱に尿を溜めないと、膀胱が段々小さくなり、伸縮しにくくなってしまうそうです。

症状がひどくなると尿道に管を入れ、水を膀胱に入れ大きく広げる治療をするそうです。そうならないうちに、なんとか治したいと思いました。

忘れることが大事

トイレのことばかり気になってしまうのは、ほかに気になることがないから、暇だから。何かに夢中になって、忘れてしまおうと思いました。

好きなスポーツしたり、DVDを見たり、買い物に行ったり、夢中になれることをドンドンしました。ちょっと心配でしたが、旅行にも行きました。

そして、段々とトイレのことが気にならなくなってきました。今では普通の間隔でトイレに行けます。我慢もできるし、いっぱい出ます。

完全に気にならなくなるまで一年ぐらいかかったと思います。とらわれないことが一番だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ